徒然ブログ

カテゴリ:駄句?( 4 )

朝のいっく、もとい駄句

なんとなく頭を下げる諸子(モロコシ)可 → なんとなし頭を垂れる諸子哉
                                                                       ↓
                                                          なにげなく頭を垂れる諸子かな

・早朝からくもり空でなんとはなしに畑の草むしりをしているさなか、翠色に育ったトウモロコシ(第二弾の出荷物、第一弾は御陰様で完売)を見るとやはり早起きさんの働き者の蜜蜂がせっせと仕事をしている。それを悟ったのかどうかは識(し)らないけれど<トウモロコシ>は少しだけ頭を垂れているように思えた。ジェームズ・ラヴロック(James Ephraim Lovelock)のガイア理論というものがあり、その中に「生命体は有機的に繋がっている(簡単に云うとナツメロじゃないが[地球はひとつ]」というような主旨だったように憶えていたのが、ふと頭の隅から顔を出した。故手塚治虫も『ブラックジャック』や『火の鳥』の作品中で似たような主旨の表現をしていたような気がするのは私だけだろうか。

参考までにラヴロックのインタヴュー記事のURL
http://hotwired.goo.ne.jp/ecowire/interview/010123/
[PR]
by cowboy_spike | 2005-07-13 09:28 | 駄句?

1枚の写真から


野辺歩きいろ撮りどりにあきの色。 → 野辺の道行人知らずあかきいろ
                          ↓
                   野辺歩き行く人ぞ知るあかきいろ
[PR]
by cowboy_spike | 2004-10-03 07:55 | 駄句?

今日の気分で


月の花咲くるとき知り咲いて散る → 月夜花咲くときを知り咲いて散る

・森山から帰る途中に「の」を「夜」にしてみてはどうだろうかと思い立ち少し変えてみた。やまと歌(短歌も含める)や俳句などは一文字変えるだけで雰囲気がガラリ変わってしまう。これが楽しくもあり、また難しくもある。
[PR]
by cowboy_spike | 2004-09-18 15:39 | 駄句?

今日の按配

秋忘れ蝉も鳴いてる残暑かな → 夏木立鳴いてる傍であき忘れ
                      ↓
                森木立見てるそばから季を忘れ
[PR]
by cowboy_spike | 2004-08-27 15:28 | 駄句?